2013年01月12日

PENTAX Q10カメラバッグは無事に届いてました。

11月中旬に応募していたPENTAX Q10のカメラバッグプレゼントキャンペーン、12月中旬頃に無事届いていました。

q10_bag1.JPG

濃い目の茶色のバッグです。皮がカタメなのでサイズは小さいですがガッチリしてます。カメラバッグだから頑丈に作ってあるのかなと思いますが、もう少しソフトな風合いの方が使いやすいし馴染みやすい気がしました。(使い込めってことですかね)

q10_bag2.JPG

バッグの中はQ10本体と交換用のレンズをバッチリ収納出来る仕様になってます。交換レンズ・・・ZOOMレンズ1本しか持っていないからなぁ・・・。><; Q10はコンパクトさが売りで、手軽に持ち運べてサッと撮れるのが良いところなので、こんなに何本も交換レンズを持って行って、次はこれ、その次はこれこれ・・・と、交換しながら撮影するものなんですかね。はっ!それが一眼レフならではだよな。。その必要がなかったらコンデジ買えって話ですね。(反省。w)

そのうち、01スタンダードレンズ買うぞー!(そのうちね、そのうち・・・)

q10_bag3.JPG

バッグを息子に持たせてみたら、あらなんてピッタリサイズ。本人もまんざらではない様子で、散歩に出かける時に持って行きたがったりすることも。と言うことで、このバッグにはQ10本体ではなく、もっぱら息子の水筒を入れてることが多いです。w


posted by おだじん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真・カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月17日

PENTAX Q10用に小物を買いました。

image-20121118121514.png
左からレンズガード、SDカード、液晶保護フィルムの3点です。

image-20121118121655.png
レンズガードを装着したら、ただでさえ本体に対して長いズームレンズがさらに長くなってしまった。。

でも息子のベッタベタの手で直接レンズを触られたくないのでレンズガードは必需品なのです。


撮影してたらさっそくレンズ触られた〜!ヽ(;▽;)ノ
ガードつけた後で良かったよ。。orz


posted by おだじん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真・カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月14日

PENTAX Q10のカメラバッグプレゼントキャンペーンに応募してみた

PENTAX Q10購入者向けのキャンペーンです。
応募者全員にもれなくSHIPSとコラボレーションして作ったカメラバッグが当たるとのことで応募してみました。

妻には「見た目イマイチ」と一蹴されましたが、^^; 新製品を購入した人だけの特権をしっかり行使することにしました。

WEBから応募用紙PDFをダウンロードして、
プリントアウトして、
シリアルナンバーを書いて、
レシートを貼って、
応募券的な物を貼って、
必要事項を記入して、
ハサミで切り抜いて、
糊付けして、、、

はい封筒の形になりました。w

image-20121114081240.png

結構手間かかりました。。なんで封筒を自前で用意させないやり方にしたんだろうか。。^^;

あんまり応募されたくない?
封筒なんて家に常備してない?(プリンタ無い家は?)
封筒代もったいない?(インク代は?紙代は?)
ファンシーな封筒で応募されたくない?(同じ形式が良い?)

応募者全員にプレゼントしてくれるようなので、よしとしますか。(´Д` )
届くの楽しみだな〜。
posted by おだじん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真・カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月11日

PENTAX Q10をゲットしました!

つい先日、小さいカメラが欲しいと書いていましたが、PENTAX Q10を購入しました!
http://www.pentax.jp/japan/products/q10/

昨夜遅くにAmazonで注文して、今日の15時頃に到着しました。相変わらずAmazonおそるべし対応スピードですね。

image-20121111225946.png
買ったのはPENTAX Q10 LENSKIT SILVERとQ10用の速写ケースホワイトです。Kマウントレンズ用アダプタと01 STANDARD PRIMEレンズはとりあえず見送りました。

image-20121111230049.png
大きさ比較のためK10Dと並べて見ました。いや〜、小さい!そして軽い!K10Dと比較するなよって話なんですが、これで今までよりも気軽に外出時にカメラを持って行くことができます。

ボディカラーはブラックかシルバー、もしくはカラーオーダーでポップな雰囲気にしても良かったんですが、シルバーの外観は昔のカメラっぽくて妻も私も気に入ったので長く使えるようにシルバーにしました。ザ・カメラ!って感じが素敵です。レンズもシルバーなのでやはりシルバーが良い感じです。

image-20121111230010.png
別の角度から。今回買ったキットレンズは02 STANDARD ZOOM(5mm-15mm)です。レンズだけの大きさで言うと小さいし軽いんですが、Q10の本体に取付けるとそこそこ存在感がありますね。レンズをSTANDARD PRIMEにしたらより軽快になるんだろうな〜。しばらくこのレンズで撮ってみて使い慣れてから、レンズとKマウントレンズ用アダプタを買おうかなと思ってます。

IMGP0067.JPG
とりあえず試し撮りしてみました。(Pモード, 1/15, F4.5, ISO800, 14.9mm ※ちょっとトリミングしてます)

第一印象はとにかく軽い!背面液晶が明るくて大きくてキレイ!背面液晶、今時はこのくらい当たり前ですが、K10Dと比較してしまうと本体こんなに小さいのに・・・と時代の流れを感じますね。小さくて軽いが故に望遠で撮影すると手ブレが気になるかもしれません。

使い慣れるまでいろいろ撮ってみることにします。

posted by おだじん at 23:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真・カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

TOLOTで作った500円フォトブックが4日間で届いた!この手軽さイイネ!(できあがり編)

1月9日にオーダーしたTOLOTの500円フォトブックが1月13日に届きました。中3営業日ですから速いですね〜。クロネコメール便で届いていたので郵便ポストに入っていました。日中受け取りできない人でもこれなら大丈夫ですね。

それでは早速できあがり編をお届けします。

 作成編はこちら:http://360.seesaa.net/article/246266737.html

image-20120115065757.png
ドーン!封筒が黄色で目立つ!
封筒は中にクッションが付いているタイプです。今回は3冊注文したのですが、意外に薄い!?と感じるくらいの厚みです。

image-20120115065814.png
いざ開封!おー!ちゃんと本になっている!!
1冊ずつプラ素材の袋に包まれています。この袋、封の部分があえてノリ付けされていません。誰かにプレゼントする人は中身を確認した上で、封することができます。これは地味に良い!

image-20120115065830.png
サイズ比較のため携帯電話を置いてみました。文庫本サイズ(A6サイズ)こうしてみると小さいですが、ハガキサイズとほぼ同じです。一般的な写真プリントのL判サイズよりも一回り大きいサイズです。

image-20120115065845.png
64ページの厚みは思っていたよりも薄かったです。でもしっかり背表紙の上の部分にタイトルが印刷されていてナイス!これから度々作っていって、本棚に並べた時にわかりやすくて良いですね。(度々作るぞ!)

image-20120115065901.png
紙は薄めですが、そもそもこのサイズでこの値段、手軽にパラパラっとめくって見ることができるフォトブックとしては充分な物ではないかと思います。印刷の品質も値段から考えたら十分な品質だと思います。(あくまで私の個人的な感想です)

500円でこれだけの物ができるってすごいなぁと感心させられます。価格コムでハガキサイズの60枚プリントの値段を見てみましたが、500円より安いのは現時点で1軒だけですね。プリントだと1枚1枚アルバムに入れていかないといけないですが、TOLOTなら製本されていてその必要もないですし、その点でもこの手軽さはとても良いです。

こうやってプリント(製本)されてきたフォトブックを見ていて、やはりこれからも家族の写真をまとめて定期的にフォトブックを作っていこうと思いました。TOLOTはユーザー数が順調に増えているようですが、ぜひ頑張ってサービス継続して行って欲しいです!


さっそく今日実家に持って行って両親に渡したところ喜んでもらえました!特に母は最近お友達との集まりで孫トークに花が咲くようで、このサイズのフォトアルバムならバッグに常に入れて持って行けるのでイイネ!とのことでした。妻の実家にも発送したので明日には届くかな〜。




posted by おだじん at 21:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真・カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

TOLOTで500円フォトブック作ってみた!この手軽さイイネ!(作成編)

前から気になっていたTOLOTと言う500円でフォトブックを作れるサービスを利用してみました。

tolot.jpg

TOLOTはiPhoneに保存されている写真データを選択するだけで、文庫本サイズのフルカラー64ページのフォトブックが作れると言うiPhoneアプリとしてスタートしたサービスです。最近、パソコン版(Mac/Win両対応)のアプリが登場したので、今回はiPhotoから写真を選びながら作るため、Mac版をインストールして使ってみました。

ちなみに今キャンペーン中なので、新規登録で50%OFFのクーポンが発行されるのと合わせて、既にユーザになっている人から紹介してもらって利用するとさらに50%OFFのクーポンが自分と紹介してくれた人に発行されます。(友人のみなさまで利用してみたい人がいたらお知らせください。)

<作り始める前に>

TOLOTは64ページですが写真は最大62枚選ぶことができます。写真の枚数を減らしてコメントのページを作ることもできますが、今回は写真のみで作ることにしました。(今のところ写真と一緒にコメントを入れることはできないみたいです。)

と言うことで、まず最初にiPhotoでTOLOT用として62枚の写真をピックアップしたアルバムを作りました。62枚って結構なボリュームかと思いきや、息子の誕生から10ヶ月間の中から選び出したら足りないくらい・・・。><;今回は自分たちの分プラス実家にもプレゼントするので、成長記録として見てもらえる写真を厳選しました。

一眼レフで気合いを入れて撮ったもの、ちょっとピンぼけのもの、iPhoneやiPadで撮ったものなど、いろんな写真から選びました。バッチリ決まった写真だけ選ぼうとしたら枚数少ない・・・。orz(精進します。。)


<アプリの使い方(ざっくり)>

詳しい手順はTOLOTの公式サイトでご確認ください。
http://tolot.com/make/index.html

tolot2.jpg
新規作成画面はこんな感じ。

tolot3.jpg
iPhotoに作ったアルバムから写真を全選択してドラッグ&ドロップして決定するとこんな風に自動的にページに写真が割り付けられます。この画面で表紙を選んだり、写真の順序を変えたり、コメントを入れたり、タイトルを変更したりと言った編集ができます。

tolot4.jpg
プレビューすると、表紙から順にページを送ってみることができます。

tolot5.jpg
横向きの写真はこんな感じで上下に余白が入ってしまいます。フォトブック自体が文庫本サイズなので、これだと写真がかなり小さくなってしまいます。

tolot6.jpg
今回は写真をできるだけ大きくしたかったので、横向き写真は全て90度回転させました。

編集が終わったら、アプリからそのまま注文することができます。注文時に楽天ポイントを使うことができるのが楽天ユーザの我が家としては地味に嬉しかったです。ちなみに今回3冊注文したのですが、クーポンは1冊分にしか適用されませんでした。残念!><;

出来上がりが楽しみですね〜。

※iPhone/iPadアプリは使っていませんが、同じような手順で作ることができるようです。




posted by おだじん at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真・カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

道具より腕前!と言いつつ早速レンズが欲しくなったら家族が持っていた。笑

iphone/image-20111010232459.png

今、私が使っているボディは「PENTAX K10D」です。メインで使っているレンズは「SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO /HSM」です。実はこれ、以前親父が使っていたものなのです。(親父は今「CANON EOS D60」を使っています。)

K10Dのユーザの方々のブログを見ていたら、このレンズを使っている人が結構いて、欲しくなってます。


俗に言うパンケーキレンズってやつですね。

で、この話を実家で親父にしていたら「これじゃないけど、PENTAXの単焦点レンズあるぞ」と・・・「なに〜!?」


今、兄貴のところで眠っていることがわかったので今度借りてくることにしました。

家族で趣味が合うと良いですね。持つべきものは趣味の合う家族。と言うか、影響を受けて育ったと言った方が良いかもしれません。笑

レンズ沼にはハマりませんよ〜。笑
posted by おだじん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真・カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

意識して写真を撮り始めて気がついたことをまとめてみました。

意識して写真を撮り始めてまだ1週間そこそこですが、撮っていて気がついたことをまとめてみました。

「オートフォーカスなのにピントが合ってない!?」

オートフォーカスで撮っているのに、ピントの合ってない写真のなんて多いことか・・・。私の場合、撮影することの多い被写体が「猫」と「子供」という動きのあるものなので、ピントを合わせることが難しいっちゃ難しいわけですが、それにしてもピントの合ってない写真が多いことに愕然としました。。露出が適正値で撮れた!と思って拡大表示してピントが合ってないと本当にガッカリしますね。。

ちなみにカメラ本体のディスプレイには何度も騙されています。MacBookのディスプレイで見てガーンってなることしばしば。。ToT;;


「マニュアルを読まないと宝の持ち腐れ!」

デジタルカメラって「メモリカード入れる」「電源オン」「シャッター押す」でとりあえず撮れちゃう手軽さが良いんですが、よくよくマニュアル読んで見ると、こんな機能が!みたいな驚きだけじゃなくて、撮影前に常識として知っておかなきゃいけないものもたくさんあるんですね。機能を全部使いこなす必要があるのかどうかはわかりませんが、基本的なことは抑えておこうと思います。

ちなみに私、三脚で撮影する時に手ブレ補正をオフにして撮るって知りませんでした。。


「露出の前にカメラアングル!?」

いつも通りカメラを構えて撮っていると、ど真ん中に被写体を入れて撮ってしまっています。露出云々の前に、意図的にいろいろなアングルで撮るようにしないと良い写真を撮れるようになれない気がしました。露出はある種、機械的な設定の問題ですが、カメラアングルは自分の思考の枠を超えられるかどうかという、精神的な部分が大きいのかなと。


「露出は慣れるしかない!?」

意識して撮り始めてから「絞り優先モード」もしくは「絞り+シャッタースピード優先モード」で撮影することが多くなりました。ISO感度は400以下(なるべく低く)で撮ってます。(※室内で暗いときは800まで上げることもあり)

とりあえず、絞りを使って背景をボカす(もしくはハッキリさせる)にはどうすれば良いかと言うことはわかってきました。こんな風に撮れるかな〜って思いながら撮ってみていますが、明るさについてはまだ全然イメージ通り撮れません。。撮りまくって慣れるしかないんだろうな。。


「手ブレしない限界値はどこ!?」

ピントは合っているのに手ブレしている写真も多いんです。。今使っている70mmのレンズだと、手ブレしないように意識しつつ良い構え方で撮れれば、1/30くらいなら手ブレしないで撮れるかなと。キツイ体勢で撮ってると1/60でも手ブレしているときがあるのでまだまだ修行が足りません。。筋トレ必要かな。><;;


「RAWで撮って後で調整・・・」

意識して撮り始めてから、RAW+JPEGで常時撮影しています。RAWならざっくり撮っておいて、後で現像する時に調整すればいいと指南書には書いてあったりしますが、それはある程度自分の思い通りに撮れるようになってからやれること(やるべき)だなと思いました。


「失敗はその場でゴミ箱へ!」

これまでは失敗写真も全てメモリカードに残しておいて、HDDに移して保存しておいたのですが、さすがにRAW+JPEGでそれやっていると、どれだけストレージあっても足りなくなるのが目に見えてます。。あからさまに失敗した写真はHDDに移してから消すんじゃなくて、その場でカメラ本体でプレビューして消すようにしました。カメラ本体で大雑把にチェックして捨てておくと、HDDに取り込んでからの作業がとても楽です。(意図的に撮り比べたものは残しておくようにしてます)

これをやってて思ったのは、カメラ本体のディスプレイの性能って大事ですね。K10Dはちょっと古いモデルなので最近のモデルに比べると本体ディスプレイの画質はイマイチかもしれません。Eye-Fiで撮った画像をすぐにiPad2で見るって言うのがイケテルかも!?


「カメラよりレンズより腕前!」

道具ももちろん大事ですが!撮れば撮る程に、撮影者の腕前によるところが大きいことがわかりました。


「街中で一眼レフを構える度胸!」

周りに人がいる中で、如何に平常心でカメラを構えて撮影することができるか・・・。


まだまだ精進します。

posted by おだじん at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真・カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

初めてのRAWで撮って現像!Sinnの腕時計をブツ撮りしてみました。

妻と息子が寝た後で、コソコソっとダイニングテーブルに置いてあった自分の腕時計を撮ってみました。

露出の「ろ」から勉強し始めたばかりなので、TAvモード(絞り&シャッタースピード優先)で、ISO感度を100-200にセットして絞りとシャッタースピードをいろいろ変えて撮影してみました。写真を並べて設定ごとの比較とかしたいんですが、もう眠いので今日は止めておきます。いや〜、写真を撮るって奥が深い。w

写真はお見せする程のものじゃないですが、私の相棒「Sinnの756.UTC-DIAPAL」です。ゴツい感じと、グレーの文字盤の色がキレイに出るといいなぁと思いながら撮ってみました。

r-1471.jpg

r-1476.jpg

r-1495.jpg

やっぱカッコイイなこの時計は。w

「とりあえずRAWで撮っておけ」「RAWだからってテキトーに撮るな」的な言葉の意味がわかった気がします。後で調整出来る部分とそうでない部分があるわけで、そこをわかって撮らないとダメなんでしょうね。一番良いのは「こう撮りたい!」を一発で撮ることなんでしょうけども、それが出来たらプロですね。><;

時計をカッコ良く撮れる針の位置って何時何分なんだろう!?


ラベル:RAW 現像 SINN 腕時計
posted by おだじん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真・カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

RAWで撮るためにSDカード購入!早速ちょろっと撮ってみたら、現像作業の方に問題が・・・。

以前からRAWで撮って現像ってやってみたかったんですが、手を出していないでいました。上手く撮れるようになる!に向けて、これからはRAWでも撮影してみることにしました。

しかーし、私の手持ちのSDカードは2GBでCLASS 6なので、容量的にも読み書き速度的にもここは1つグレードアップしたい!と言うことで買ってしまいました。東芝のSDHCカード8GB CLASS 10、お値段1,240円!って安っっ!!ここ何年かSDカードを買ってなかった自分には驚きの値段でした。><;
r-1453.jpg


SanDiskのExtreme Proにも惹かれましたが、動画撮影しない(手持ちのカメラではできない)ので、東芝のCLASS 10で充分かなと思って、東芝に決定です。カメラ買い替えてHD動画も撮れるようになったらSanDiskにしよう。(いや、買い替えないけど。笑)

ちなみに、これまで使っていたものからすると、東芝でも充分に読み書き速度の向上を感じることができました。素敵です。

さてさて、さっそくRAWで手近にあるものを撮ってみまして、いざ現像してみようと思ったらここで1つ大きな問題が発生!AppleのApertureを入れようかなと思ったのに、なんと私のMacBookが推奨環境に満たない・・・。(チーン)もう5年半落ちのCore Duoなんて相手にされなくなっているのはLionが出た時に知ってましたけど、たぶん入れてみて動かないことはないでしょうけど、何とも言えないこのガッカリ感。。

と、つぶやいたところに「Lightroom使えば?どっちみちもっさりだろうけど」的なリプライをもらって、AdobeのLightroomを確認したところ、インテルコアなら良いって書いてある!(ワーイ!)さっそく試用版をインストールしてみました。

もも、もっさり。。爆

それとMacBookじゃ画面が小さいな〜。(iMac27が欲しくなってきました。笑)


posted by おだじん at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真・カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。