2013年01月19日

コクリコ坂からを地上波で見ながら、ブルーレイの普及について考えてみた。

すでにDVDをレンタルして一度見ていましたが、金曜ロードショーで放送されていたものを録画して見ました。

image-20130203073332.png
レンタルした時はどうしても見たかったのにBDの在庫がなくて仕方なくDVDにしたんですが、いやー、地上波って綺麗だなぁ。w

画質や音質が良くなったところで内容が変わるわけではないから、DVDで見ても名作は名作なわけですが、一度BDやハイビジョン放送を見てしまうとDVDの残念な感じは否めないですね。特にアニメ作品は画質面においてその落差を激しく感じます。Amazonなどでアニメ作品がBDセールスランキングの上位にいることが多いのは、高画質で見たいと思う人が多いからなんだろうな〜。

TSUTAYAの店頭で在庫数を見る限り、まだDVDの方がユーザー数が圧倒的に多いように感じるけど実際どうなんだろう?レコーダーとかテレビとか、BDドライブもそこそこ普及していそうなのになぁ。。

この数字を見る限り直近の機器出荷台数はBD圧倒的です。
2012年民生用電子機器国内出荷統計
http://www.jeita.or.jp/japanese/stat/shipment/2012/

でもソフトの販売ではBDが伸びてきてるものの、DVDがまだまだ優勢なのか〜。
オリコン 2012年上半期映像ソフト市場レポート
http://biz.oricon.co.jp/info/half_report_2012_visual.pdf

魅力的なコンテンツ不足と言う声も多いけど、映像コンテンツを見るための媒体や機会の多様化と、そこまで綺麗な映像や高音質を求めない人が多いんだろうな。特に映像に関しては地上波がハイビジョン放送なわけだし、YouTubeとかVODでもハイビジョンコンテンツを見られるんだから、よほどこだわる人でなければ「BDってテレビやYouTubeと同じ画質でしょ?」と思ってしまうのは当然で、あえてBD買おうと思わないですね。

音に関してはもっとそうだろうな〜。レコーダー・テレビ・PS3などで単純にBDを再生できる環境はあったとしても、HD音声フォーマットに対応しているAVアンプを持っていてBDに収録されている音を存分に活かして再生できる人は全体の数%だろうな。。映像よりも音にこそBDの価値があると思っているので、その価値を味わえる環境が普及しないとBD自体も普及していかないよなと、これを書きながら1人ガッテンしました。

フロントサラウンドシステムは家電量販店でもテレビと一緒に展示しているけど、それでもまだ本当の魅力は伝わらないと思うんだよな〜。何百万のシステムは必要ないけど、BDの音を満喫できる環境はもっと普及して欲しいな〜。

まぁでもやっぱり、そんな環境なくてもBD欲しいと思わせる魅力的なコンテンツがあれば買うんだろうな。「水曜どうでしょう」はどうしても欲しくてDVDでも買っちゃうわけだし。w

現実的には手軽に買おうと思える価格であれば、もっと売れるんだろうなぁ。(もっと買えるのになぁ。。。)

posted by おだじん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームシアター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/318190394

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。