2012年11月05日

AVアンプを買い替えてました。Pioneer VSA-LX55

vsa-lx55.jpg

2012年6月22日に新しいAVアンプ「Pioneer VSA-LX55」が我が家にやってきました!

ちょうど後継のLX56が発表された直後で、どっちにするかすごく悩んだんですが、アバックさんに視聴しに行って決めちゃいました!

なぜLX55にしたのか・・・ざっくり書いてみます。たぶん前にもどこかの記事で書いていたコトもあると思いますが。まずは欲しかった機能はこちらです。

・AirPlay対応
・HDMI 2系統出力
・HD音声フォーマット対応
・HDMIのARC対応

この段階でラインナップを見て自分の中では「DENON」か「Pioneer」の2択になりました。DENONは兄が使っているので、なんとなく違うメーカーにしたいなという弟の性分を発揮して(笑)Pioneerを選びました。

Pioneerで決めたところで、後継のLX56(デジタルアンプ)とLX55(アナログアンプ)どちらにするべきかで悩みました。LX56は発表直後だったので、アバックさんの店頭でLX55とLX75(デジタルアンプ)で比較視聴させてもらいました。

そもそもLX55とLX75ではクラスが違うため、LX75の方が良い音するのは当たり前と思いながらも、私程度の耳で聴いている分には、デジタルとアナログの違いによる音の傾向にはそこまでの大きな差がないことがわかりました。
視聴しながら店員さんと話していて、デジタルアンプはパワーがあって立ち上がりが良いので、大型スピーカーを鳴らすのに向いており、私が家で使っているフルレンジのEclipse TDシリーズを鳴らすならアナログアンプの方がマッチするのではないかとアドバイスしてもらいました。

ふーん、なるほど。そういうものなのかと理屈は良く分からずに納得しました。専門店の店員さんは偉大です。(笑)

TD307IIくらいのサイズであれば、10万円台のアンプなんて贅沢過ぎるくらいだろうと前から思っているので、こうなってくると後は所有者の自己満足の世界なわけです。(爆)

・新製品をいち早くゲットする満足感を得るか
・在庫残りわずかで定価の半額以下のお買い得感か
・LX56を新品で買うなら、安くなってるLX75買っちゃうか!?

最終的に私はLX55のお買い得感を選びました。(家計に少しでも優しくね)
ちなみに購入価格は、それまで使っていたSONY TA-DA3200ESをヨドバシアウトレットで買ったときと全く同じ値段です。欲しかった機能は満たしていましたし、それでいて1クラス上のアンプに買い替えることができたので満足です。

それまで使っていたDA3200ESは、私の実家で調子悪くなっていたプリメインアンプの代役として使うことにしました。めでたしめでたし。

と思ったら若干問題が発生・・・。

http://pioneer.jp/components/avamp/lx55/index.html

posted by おだじん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームシアター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/300683417

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。