2010年05月22日

iPhoneアプリ「RunKeeper」を使ってウォーキングのデータを取ってみる

日頃の運動不足解消と妻のダ●エ●トをサポートするためウォーキングしてきました。ただ歩くだけだと芸が無いので、無料のiPhoneアプリ「RunKeeper」を使って、歩いた距離などを計測してみることにしました。
runkeeper_iPhone.jpg
iPhoneの画面がこんな感じで、以下の情報が表示されます。
・走行(歩行)時間
・走行(歩行)距離
・ペースの変動
・カロリー
歩きながら常に画面を見ているわけではないのですが、時々チェックしたい時間と距離が大きく表示されているのが良いですね。途中で休憩するときには計測を一旦停止することが可能です。音楽再生しながら使うこともできるようです。Nike+使ったことないんですがいろんな人のレビューを見ると同じような感じみたいです。

計測を終了したら結果をwebにアップロードできます。iPhoneだといちいちMacに繋いだりする必要がないところが何気に素敵です。
runkeeper_web.jpg
RunKeeperのwebサイトで結果のデータを確認するとこんな感じです。Google Mapが表示されて移動した軌跡を辿りながら速度や高低差の変化を見ることができます。どこをどんなペースで歩いたのか簡単に記録を残せるのは良いですね。日常生活で通勤に使ってみても面白いかも?

結果の画面は他人と共有することもできるのですが、自宅から計測を始めてしまうとどこに住んでいるのかバレバレになってしまうので要注意ですね。私は共有しない設定にしておきました。

これは自転車乗るときにも使えますね。iPhoneをハンドルバーにセットするキットとか売っているようなので本格的に乗るときには買おうかな〜。

http://runkeeper.com
posted by おだじん at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac・Apple・iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150685197

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。